Yellow Magic Orchestra by RoamCouch & PITS 本日21時発売開始!


Jet-Black Galleryは、RoamCouchとPITSによる合作『イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)』のオリジナル&シルクスクリーン作品を本日、10月14日(日)21時より発売します。日本を代表する二人のステンシル・マスターによって誕生した奇跡のコラボ作品『イエロー・マジック・オーケストラ』、是非この機会に手に取っていただけたら幸いです。

“Yellow Magic Orchestra” -Original Canvas-

技法 : キャンバスにステンシル, スプレーペイント
サイズ : 600 x 600 x 38 mm
エディション : 5
サイン&ナンバー : あり

¥ 113,000

“Yellow Magic Orchestra” -Main Edition-

技法 : 白い紙(Pur Cotton 350 gram)に18色刷りシルクスクリーン印刷
サイズ : 650 x 650 mm
エディション : 35
サイン&ナンバー : あり

¥ 32,500

“Yellow Magic Orchestra” -Special Edition-

技法 : 黒い紙(Pur Cotton 350 gram)に18色刷りシルクスクリーン印刷
サイズ : 650 x 650 mm
エディション : 5
サイン&ナンバー : あり

¥ 39,000

『Yellow Magic Orchestra』発売記念、プレゼント企画 !

 

View this post on Instagram

 

Jet-Black Galleryさん(@jetblackgalleryofficial)がシェアした投稿

Jet-Black Galleryは、RoamCouchとPITSと手を組み、プレゼント企画を実施いたします。10月14日(日)21:00より発売が予定されている『イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)』のシルクスクリーン作品(Main Edition)を、抽選で1名の方にプレゼントさせていただきます。参加方法は以下をご参照ください。

参加方法】
1. 以下の3つのアカウントすべてをフォロー
@jetblackgalleryofficial @roamcouch @pits_king
2. この投稿にいいね
3. コメント欄に友達を2人タグ付け

締切日:10月17日(水)11:59 pm
当選者の発表は10月18日(木)にJet-Black Galleryのinstagram上で発表いたします。

———–
当ギャラリーのメールマガジンにご登録いただくと、新作情報やお得な情報などをいち早くお伝えします。メールマガジンのご登録は無料です。
Jet-Black Gallery Mail Magazine

Issue 02 | ピッツとは何者か?– Yellow Magic Orchestra

Jet-Black Galleryは、PITSとRoamCouchによる合作『イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)』のオリジナル&シルクスクリーン作品を発売します(発売予定日:10月14日(日)21:00~)。本作発売前にPITS作品の魅力をより深く知っていただくために、彼の経歴をご紹介させていただきます。

1980(昭和55)年、愛知県半田市に生まれる。2005年からPITS(ピッツ)名義で本格的にアーティスト活動を開始。独学で習得したステンシル技術を駆使した作品の制作・発表を始める。作品の秀逸さに加えて、日本でのステンシルアートの稀少さが相まって、PITSは国内におけるステンシルアートの先駆者の一人として認識される。

2010年からネットを通じて、定期的に限定ステンシル作品を発表。特に人気の高かった『Welcome spray』や『Fuck the world #1』、『Change the world』は、即日完売を記録。日本におけるステンシルアートの可能性を広げた。

2014年には、名古屋のPIギャラリーにて個展「Love & Peace」を開催。力強いメッセージ性を含む衝撃的なイメージの作品群は、1ヵ月にわたり展示され、多くの観客を魅了した。翌年には、東京のMEGUMI OGITA GALLERYにて個展「Dreams」を開催。メッセージ性はそのままに、ポップなイメージの作品群を披露し、幅広い層のアートファンを獲得した。

韓国で毎年開催されているART BUSANには、2015年、2016年と2年連続で作品を出品。代表作「Fuck the world #1」の出品は、宗教観の相違を懸念する声も挙がったが、日本と同様に韓国の観客からも共感を得て高く評価された。

2012年には、アパレルブランド「Discrown」を設立。ステンシルにより創造されるTシャツは、すぐに業界関係者の目に留まり、大手セレクトショップに取り扱われた。服マニアとして知られる某国民的アイドルグループの一人がDiscrownのTシャツを着用したことも話題となった。その他にも、CDジャケットやショップの内外壁のデザインを手掛けるなど、活躍の場を広げている。

PITS : http://www.pitsking.com/
Discrown: http://discrown.jp/
RoamCouch : http://roamcouch.com/

Issue 01 | ロームカウチとは何者か? – Yellow Magic Orchestra

Jet-Black Galleryは、RoamCouchとPITSによる合作『イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)』のオリジナル&シルクスクリーン作品を発売します(発売予定日:10月14日(日)21:00~)。本作発売前にRoamCouch作品の魅力をより深く知っていただくために、彼の経歴をご紹介させていただきます。

1976 (昭和51)年、岐阜県安八郡安八町に生まれる。漫画の影響により幼少期から絵を描き始め、高校卒業後、デザイナーとして経験を積む。デザイナー時代に大病を患い、しばらく床にふす生活を余儀なくされる。この経験が人生とキャリアを再考する機会となり、アーティストを志すようになる。

2011年からRoamCouch(以下ロームカウチ)名義で、アーティスト活動を開始。ネット上で作品を公開すると、すぐに美しくロマンチックな作風がアートファンの間で評判となり、人気を博す。限定プリント『Rainbow inc.』(限定100部)発売時には、予想を上回る人気の高さから、一時的にサーバーがダウンする事態となった。

人気の高まりとともに、ロームカウチのステンシル技術にも、注目が集まるようになる。手切りではなく機械を使って型紙を作っているのではないか、という在らぬ疑惑が浮上。制作風景の動画公開によって、議論は終焉を迎え、卓越したステンシル技術の証明がなされた。

2012年から現在に至るまで、世界各地のグループ展(日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、ノルウェー、マレーシア)に精力的に参加。2014年には、ニューヨークのUnder The Bridge Galleryにて初個展「A Beautiful Life」を開催し、ソールドアウトを記録する。

2012年から定期的にリリースしている限定プリントは、発売されるたびに完売。特に人気の高かった『When You Wish Upon A Star ‒ Venice 』(限定100部)や『Nadeshiko』(限定100部)は、数十秒で完売する人気ぶりだった。

2014年から故郷である岐阜県安八町を中心に無償で壁画を描くプロジェクト「エモーショナル・ブリッジ・プロジェクト(Emotional Bridge Project)」を開始。壁画を描くことで、県外はもとより、海外からのアートファンの呼び込みを試みている。また、母校である結小学校で壁画『We Are The World』を完成させるなど、町民のアートに触れる機会の拡大にも力を入れている。2017年6月には、ロームカウチの地域への取り組みが高く評価され、NHKの朝の情報番組「おはよう日本」で特集が組まれた。2017年10月、満を持して母国日本で個展「Memories」を開催した。

RoamCouch : http://roamcouch.com/
PITS : http://www.pitsking.com/